2011年05月31日

Nara ASHURA Girl 奈良の”阿修羅ガール”

Arina Ashura 60 40.jpg

”Nara ASHURA Girl”の誕生!

彼女は、カナダの深い森に囲まれた大きな家に住んでいた。絵を描くのが好きな彼女は、数ヶ月前に夢を見た。
「桜の咲く日本。桜散る日本。私は日本に行きたい!」と、こころの中の叫びはだんだんと大きくなった。

奈良・阿修羅ガールは、この数カ月、日本渡航という自分の夢を実現しようと思って準備した。アートギャラリーの仕事、マンションマネジメントの仕事を引き払い、いざ決断!その時に3.11の大地震と大津波が日本を襲い、東日本が壊滅的な被害を受けた。しかも放射能の問題が引き続いて発生。万事休す!

彼女の決心は、一瞬ひるんだ。
しかし、日本渡航は、自分の夢!自分の使命!自分のアート完成のために、日本が呼んでいる!
彼女は、思い起こした。一生懸命日本語を勉強してきた。日本人の友達もできた。自分の血には、16分の1のアジアの血が流れている。この頬。この目、この体!祖父から聞かされた自分の生い立ち。

彼女は、そして再び決断した。大丈夫!奈良に行こう!自分の運命は、日本の古都で見つけることが出来るだろう!直感的に想った。

彼女には、自信があった。「私にはアートがある!」 
ビル管理のマネジャーとしての成功は、サイドビジネスだった。ビジネス的な成功を捨て、両親の心配を振り切ることができたのは、いつもホンモノを求めてきた彼女の姿勢、熱意だった。

彼女は、カナダを立ち、関空に降りた。既に暗くなったころ、奈良の道を隣の人に聞いた。偶然にも、英語堪能な紳士、ゲストハウスを良く知っている方だった。疑心暗鬼で着いて行った。

彼女は、暗い夜道を宿に着いた。カナダの強力な引力から脱出するロケットのように必死のエネルギーを使い果たしたのだろう。着くと間もなく、疲れ果てて、昏々と寝た。

彼女が、目覚めたとき、思った。
ここは、夢にまで見た瞑想の場所。
新緑の溢れる庭がある。
畳、神棚、書道の部屋、和室。
これは、私が探し求めていた心の空間!

japan2 002.JPG

彼女は、奈良の街並みの中を歩き、新緑と田畑の続く古道を歩き、寺院の醸し出す歴史の長さと柱、石の積み方、瓦、草花。その一つ一つが愛おしくなった。心地よい範囲に広がる奈良の地に、永く住みたいと思った。
公園をさまよいながら家を探した。町屋の並ぶならまち、ゆったりした高畑、自由な鹿が住んでいる奈良公園。これらに包まれて住みたいと思った。

彼女は、東日本大震災を知っていた。チャリティライブが有ることを聞きつけた。自分のアートが役立つのではないかと思った。何枚か描いて、チャリティに出せるか、人に尋ねた。

彼女は、出会った人から「仏像の色、仏像の感覚、仏像のイメージが良く似合う!仏像を書いたらどうか?」

彼女は、描いた。
阿修羅を描いた。
しかし、阿修羅は、描くたびに違った顔を見せた。
描けない!!
阿修羅は、難しい!解らない!なぜだろう?

彼女は、様々な阿修羅を探した。苦悩する阿修羅。何とも言いようのない顔の阿修羅。なぜ彼は、このような顔をしているのか!解からない!わからない!

彼女は、解らない阿修羅のイメージを捜し求めていたとき、「阿修羅のこころに触れる旅」という絵説きの冊子を手にいれた。

そこには、阿修羅は戦の神様であったこと。長い間の戦に心が疲れていたこと。そんなときに、ブッダに諭されて戦闘のむなしさを悟り、懺悔し、仏教の守護神となる物語が描かれていた。彼女は、その一つ一つのこころの動き、表情の変化を深く理解し、心の中に刻んでいった。

彼女は、理解した。
阿修羅の苦悩!
阿修羅の懺悔!

まだ童顔の阿修羅、
見えないものに対する洞察の目、
寄せられた眉間の訴え、
軽く噛まれた唇、
込められた「決心」!

彼女は、やっと描くことができた。
阿修羅の紅く張りつめた表情を。
3つの顔に込められた懺悔のこころの変化を!
タグ:仏像
posted by フェスタマン at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年05月24日

Jazz&こころの詩 チャリティライブ ニュース

20110522 大震災に寄せて 絆.JPG

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 5/22 元気を伝えよう!from Nara ┃
 ┃    Jazz & こころの詩 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

20110522 翼がほしい.jpg

チャリティライブへのご参加、ありがとうございました。
朝からの大雨にも関わらずご参加いただき、心よりお礼申し上げます。

当日は、皆様のお力で、満席となり、大盛況をおさめることができました。
また、バザ−へのご協力もいただき、重ねてお礼申し上げます。
 
皆様の “まごころ” は、義援金というかたちで、東日本の方々に届けたいと思います。
義援金  48000円 (収益から、必要最小限の経費のみ差し引かせていただきました)

私たち、一人ひとりの思いは、なかなか伝えにくいものですが、今回のように、その輪がふたり、
三人と集まれば、“ひとつのかたち”となり、それぞれの “まごころ“ を伝える機会になることを私も実感させていただきました。

さらに、この輪が広がることを、皆さんとともに願いたいと思います。

それには、まず、私たち一人ひとりが元気でいること、そして、その元気をともに発信できる
仲間がいること、その大切さも実感させていただきました。

皆さん、またともに、元気を発信しましょう!!!

Jazz&こころの詩 スタッフのみなさん.jpg
posted by フェスタマン at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2011年05月07日

5/22 Jazz&こころの詩 チャリティライブご紹介

3.11の東日本大震災が有り、この一カ月余り、
日本全体が被災者の気持ちを察しながら暮らして来ました。
その結果、日本全体が、全てに渡って自粛ムードになり気味です。

しかし、それでは、震災から経済復興をするための、
活力が生まれてきません。

そこで、周りの人の幸せを願い活動しているメンバーが集まり、
”関西の元気を復興につなげよう!”
という趣旨のチャリティイベントをすることにしました。

まず、自分たちが元気になること。
そして、自分たちで元気を作ること
その元気を、復興に繋げよう!

良い季節になってきました。
お誘い合わせて、是非ご参加ください。
お待ちしております。

なお、会場の都合で、お申込みは先着40名様限定となっております。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃ 5/22 元気を伝えよう!from Nara      ┃
 ┃  Jazz & こころの詩          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
T部 Jazz・元気  tomo♪(Vo)/ 古池 明(G)
U部 言葉・元気  路上詩人 yoshi
V部 懐かしの詩  tomo♪(Vo)/ 古池 明(G)


・2011年5月22日(日)
・開場13時  開演13時半〜16時
・会場:町屋ゲストハウスならまち なら座
・参加費: 当日券2000円/ 事前申込 1500円
 飲み物持込み可 たい焼き付き
・会場販売
 路上詩人yoshiさんのイラスト詩
 カナダの女性画家Arinaさんの奈良印象絵画
 井川健一農園の無農薬大和茶

***************************************************************

(★)人が好き、そして、周りの人の幸せを願い活動している
   元気なメンバーのプロフィール

・tomo♪
関西を中心に活躍するジャズシンガー
スタンダードジャズ, シャンソンをうたう
京都をガイドするジャズ歌手でTV出演2009年
http://blog.goo.ne.jp/tomo-jazz-0227/arcv

・古池 明
ギター歴30年 大阪出身ジャズギターリスト
歌心ある伝統的なジャズギターサウンドを追求し、
大阪・京都を中心に演奏活動中
http://www2s.biglobe.ne.jp/~furuike/

・路上詩人yoshi
自身が、言葉に励まされ、力を貰った経験から、
“言葉の力” に魅せられる。
そして、その“言葉の力”で、多くの人にも、元気や、人生のきっかけをつかんでもらいたいという思いで、
2007年から、路上に座り、墨と筆を使って、
今まで1万人以上の人に“言葉の力”を伝えてきた。
http://ameblo.jp/kotoba2008/

・安西俊樹
2009年より「町屋ゲストハウスならまち」を開館
世界50カ国以上からのお客様をお迎えし、
日本・奈良の文化を紹介



■■お申し込み先■■
  町屋ゲストハウスならまち
安西俊樹
〒630-8322 奈良市北京終町30番地
電話: 0742-87-0522 (8am〜10pm)
e-mail: info@nara-naramachi.com
url: http://nara-naramachi.com
posted by フェスタマン at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事