2012年05月16日

ならまちナイトカルチャーNaramachi Night Cutture 2012/05/18-31

ならまちの夜を、奈良に伝わる伝統芸能で楽しみませんか?

能鑑賞.JPG
雅楽の演奏(2日目).JPG
ナイトカルチャー鑑賞.JPG

奈良町は、江戸時代や、明治時代の町並み、
貴重な伝統芸能が残る懐かしい町です。

「能鑑賞」、「雅楽鑑賞」や「狂言鑑賞」、
「奈良の民話ミュージカル絵巻鑑賞」、「落語鑑賞」など
伝統文化や伝統芸能のイベントを日替わりで楽めます。

週末には、奈良のお土産づくりとして工芸体験コーナー
(18:00〜20:00/費用別途)も開かれます。

会場:奈良市ならまちセンター(奈良市東寺林町38)
電話:0742-27-1820 ならまちナイトカルチャー受付
日程 5/18(金)〜5/31(木)(月曜日を除く)
   20:00〜21:00
料金 500円〜1,000円。
定員:先着100名(事前、電話申込み

交通アクセス 近鉄奈良駅より、徒歩約10分
ご紹介ホームページ
http://www7.ocn.ne.jp/~narazai/nightculture2012_05.html
タグ:Naramachi
posted by フェスタマン at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2010年04月16日

オリジナルクリアファイル:ならまち大冒険

`NAt@C.JPG

格子の家、町屋造りの家が立ち並ぶ「ならまち」。

曲がった細い路地を巡ると、いろんなところで「ならまち」のユニークなキャラクターに出会うことができます。

格子の家に住む、立派なひげのある漆職人のお爺さん、
孫の杏(からもも)太郎、
鎮宅霊符神社の狛犬「あっくん」と「うっくん」、
庚申堂のお猿さん、
陰陽町のキジ、
元興寺に住んでいる不審が辻の鬼「ガンゴゼ」、

平城京遷都1300年の奈良にやってきた太郎を待っていたのは、様々な妖しい人物やキャラクター。古い町並みを舞台に、まんとくんと太郎が大活躍します。

この新しい伝説の「ならまち」を散策するには、格子の宿:「町屋ゲストハウス」に泊るのが風流で、なかなかよろしい。

ということで、平城遷都1300年記念と、「ならまち大冒険と小さな陰陽師」の出版記念、そして町屋ゲストハウスのオープン記念として、ならまち大冒険」のクリアファイルが出来ました。

町屋ゲストハウスにお泊まり頂いた旅人には、1300年祭の宿泊記念としてプレゼントしています。

このクリアファイルを見ながら、ならまちの散策をお楽しみください。

posted by フェスタマン at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2010年03月06日

Bookmark SANGE/ 散華しおり

SANGE.jpg U.jpg

Original "Bookmark SANGE" was made by Keiko Ohyagi in this spring!
She is a pastellist living in Nara and love Naramachi.

And the title kanji "散華" was written by calligrapher Inaba.

It's best souvenir of Naramachi I think.

"SANGE"
As part of the buddhist training many ceremonies are carried out. One of these involves the spreading petals in order to bless the deceased spirits. This is called ‘SANGE’. Originally fresh lotus flowers and petals were used,but now they have been replaced by coloured paper in the lotus petal shape.
At the ceremony, thousands of paper petals are scattered from the roof of the Main Hall. These multicoloured paper petals dancing down from the blue sky creates a fantastical atmosphere. In some temples, well known artists are commissioned to create pictures for these petals, which are then made into woodblock prints and sold as commemorative souveniers. Many people keep them as a small collection art.

We can see many SANGE "散華" correction in virtual museum below.

NPO法人 美術散華保存会:
http://www.sange-npo.jp/index.html

散華美術館http://www5f.biglobe.ne.jp/sangemuseum/other/english.html
posted by フェスタマン at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り