2011年07月06日

日本人!こりゃいかんぜよ!

学校の先生をしている中国人が、中学生の子供と一緒に夏休みの旅行をしている。

20年ぶりに日本に来た。
素晴らしい日本を子供に教えようと思ったが、がっかりの連続だと、嘆いている。

しかし暑い!.jpg

その1)
先生曰く
電車の中で老人を見かけたとき、スッと自然に立ち上がり席を譲ったのは、日本人の学生ではなく、自分の子供だけだった!日本の若者は、目も心も携帯にくぎ付け!どうなっているの?日本の教育は!」と嘆かれた。

残念だが現実。こりゃいかんぜよ!

その2)
先生曰く
先端技術の日本で携帯電話を買おうとした。20分待って、英語を喋れる店員がやっと対応してくれた。『すみません海外の方はお買い求めできません!』。何ということか?と嘆かれた。」

残念だが現実のようだ。こりゃいかんぜよ!


その3)
先生曰く
「旅の都合でドルを円に両替しようとしたら、銀行しか両替できないという。しかもパスポートが必要。高額商品が欲しくなり、も一度両替に行くと3時で銀行は閉まっている。両替がこんなに不便なのは、日本だけ!外国人にお金を使わせたくないのじゃない?と皮肉の一つも言いたい!」と。

観光立国日本??こりゃいかんぜよ!


その4)
先生曰く
「日本の子供達は、いつでもどこでもテレビにゲーム。日曜日でさえ公園や、山、自然環境の中で見かけることはほとんどない!!なぜ親は、子供たちを素晴らしい日本の自然環境の中に連れて行かないの?親は何を考えているの??」
こりゃいかんぜよ!


その5)
先生曰く
「日本人は、経済がこんなに発展しているのに、たくさん休みを取って旅行に行かないのはなぜ?何のために働いているの?家族と一緒に旅行して楽しく過ごすためじゃないの?」

海外の旅行者は、異口同音にそうおっしゃいます。

こりゃいかんぜよ、日本人!


20100703 HANA2.jpg
タグ:外国人の目
posted by フェスタマン at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年06月20日

Make Japanese Stamp

The story of ” Making Japanese Stamp”.

ハンコ - Google 検索.jpg

She got a new job 2 months after she came to Japan from Canada.
She needs a stamp and a bankbook for having a budget account.
So, dive into a stamp shop, and order a stamp.
She said "Hanko wo, Tsukutte Kudasai please!"

Then, the clerk of the shop said " Please go to the bank first. Let's make your stamp which the bank recognize OK."
(Perhaps the clerk had no experience of making the stamp for foreigners, so the clerk said kindly.)

So she went to the bank and ask “How should I make my stamp face?”
Bank clerk answered with smile "Everything! Your favorite stamp face are OK, if we can see your family name or full name."

She went to the shop again.
And she selected the words in katakana "バラノバ(Baranova)" and ordered a stamp.

After a few days, she went to the stamp shop.
Her stamp has been made already.
She spend 1000 yen for the stamp.
She back to her house and was flying high.
Now, I can get the Japanese culture symbol “HANKO(Stamp)”.

So glad she felt , she want to showed it to her friends.
But they couldn’t pronounce her family name correctly when they saw the stamp. They pronounced “Nobabara”, and not to say Baranova. (Stamp No.3)
Why? She couldn’t understand.

スタンプ事件のスタンプ.jpg

So, she went to the stamp shop again.
And She said “I want change the stamp. Because all my friends pronounced “NOBABARA.”. Please make new one which my friends can pronounce “BARANOVA”".
She selected the words in katakana "バラノバ(Baranova)" and allayed holizontaly. She ordered next stamp. (Stamp No.4)

Stamp shop made new one for her.
The clerk thought that the stamp for Gaijin is very difficult!

After several days, she went to the shop again and get her new stamp. The clerk was cranky.
She couldn’t understand why is cranky, and don’t accept the money for new stamp.

The dog began to bark loudly when he felt strange and scare. Words were exchanged over the money with Gaijin and the clerk.

The Canadian girl confused and embarrassed completely.

************************************
A sequel to the story

When we make an official stamp of four letters, Japanese “Hanko”(Stamp) shop array 4 character from "upper right, lower right, upper left, bottom left".
But friends of Canadian girl are all young. They are familiar with characters such as mobile phones and PCs. Those are all arrayed horizontally.

Newspapers, many books, official documents, and novels are written vertically. It is also obvious that a stamp character is written vertically in Japan.

Therefore,
I explained to her that, the calligraphy ,traditional letters have been written vertically in Japan.
We have two ways to write characters and the vertical way is used as the official stamp.

Finally, she understands the culture crash.
Her face become smiling as usual.
I hope she’ll get a bank account today.
posted by フェスタマン at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年06月09日

Ashura U 阿修羅のこころ

画像-0667.jpg

「阿修羅!  おまえは、何時までも、そうしていなさい!」

愛しくてたまらない吾子を想い、困り果てた母親が、子供を突き放す言葉。


それを、聞いた時、幼子は

下くちびるを少し噛み

眉間に縦のしわを寄せ

お母さんに怒られたとき

悪い事をしたと解かったとき

困った自分を、どうしようもなく

お母さんを半分だけ見上げ

残りの半分は、自分の汚れたこころの中を捜している

そんなこころは、みんな持っている

だから、向かって左側の阿修羅は自分の幼い顔


右側の阿修羅さんは思春期

お母さん、解かっているよ

でも、どうしようもないんだよ

この気持ち

解かってよ

自分で考えたことだから

私は、私なんだから

お母さんとは違う私があるんだから

目は少し中に寄り、焦点は近く、遠く

こころの中と現実のはざまを彷徨い

彷徨いながらも、

見えかけた光、見えかけた自分を

見つめようとしている


そして、正面の阿修羅

真っ直ぐに向かう方向を見定め

眉間の迷いは消え、

こころの中深く固まって来たきた確信を見つめ

自分の将来を見据える眼差し


それでも、それでも、

3つの顔、3つのこころは

自分の心の中で、立ち止まる度に、繰り返される



何処から見ても、何時見ても、

自分の心の中の顔


目をくぎ付けにし

問いかけ

反省を呼び起こさせ

目を覚まさせ

こころの内面を素直に見つめさせてくれる

そのような仏像を、

他には知らない


(写真は、阿修羅の絵はがきより)

posted by フェスタマン at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年05月31日

Nara ASHURA Girl 奈良の”阿修羅ガール”

Arina Ashura 60 40.jpg

”Nara ASHURA Girl”の誕生!

彼女は、カナダの深い森に囲まれた大きな家に住んでいた。絵を描くのが好きな彼女は、数ヶ月前に夢を見た。
「桜の咲く日本。桜散る日本。私は日本に行きたい!」と、こころの中の叫びはだんだんと大きくなった。

奈良・阿修羅ガールは、この数カ月、日本渡航という自分の夢を実現しようと思って準備した。アートギャラリーの仕事、マンションマネジメントの仕事を引き払い、いざ決断!その時に3.11の大地震と大津波が日本を襲い、東日本が壊滅的な被害を受けた。しかも放射能の問題が引き続いて発生。万事休す!

彼女の決心は、一瞬ひるんだ。
しかし、日本渡航は、自分の夢!自分の使命!自分のアート完成のために、日本が呼んでいる!
彼女は、思い起こした。一生懸命日本語を勉強してきた。日本人の友達もできた。自分の血には、16分の1のアジアの血が流れている。この頬。この目、この体!祖父から聞かされた自分の生い立ち。

彼女は、そして再び決断した。大丈夫!奈良に行こう!自分の運命は、日本の古都で見つけることが出来るだろう!直感的に想った。

彼女には、自信があった。「私にはアートがある!」 
ビル管理のマネジャーとしての成功は、サイドビジネスだった。ビジネス的な成功を捨て、両親の心配を振り切ることができたのは、いつもホンモノを求めてきた彼女の姿勢、熱意だった。

彼女は、カナダを立ち、関空に降りた。既に暗くなったころ、奈良の道を隣の人に聞いた。偶然にも、英語堪能な紳士、ゲストハウスを良く知っている方だった。疑心暗鬼で着いて行った。

彼女は、暗い夜道を宿に着いた。カナダの強力な引力から脱出するロケットのように必死のエネルギーを使い果たしたのだろう。着くと間もなく、疲れ果てて、昏々と寝た。

彼女が、目覚めたとき、思った。
ここは、夢にまで見た瞑想の場所。
新緑の溢れる庭がある。
畳、神棚、書道の部屋、和室。
これは、私が探し求めていた心の空間!

japan2 002.JPG

彼女は、奈良の街並みの中を歩き、新緑と田畑の続く古道を歩き、寺院の醸し出す歴史の長さと柱、石の積み方、瓦、草花。その一つ一つが愛おしくなった。心地よい範囲に広がる奈良の地に、永く住みたいと思った。
公園をさまよいながら家を探した。町屋の並ぶならまち、ゆったりした高畑、自由な鹿が住んでいる奈良公園。これらに包まれて住みたいと思った。

彼女は、東日本大震災を知っていた。チャリティライブが有ることを聞きつけた。自分のアートが役立つのではないかと思った。何枚か描いて、チャリティに出せるか、人に尋ねた。

彼女は、出会った人から「仏像の色、仏像の感覚、仏像のイメージが良く似合う!仏像を書いたらどうか?」

彼女は、描いた。
阿修羅を描いた。
しかし、阿修羅は、描くたびに違った顔を見せた。
描けない!!
阿修羅は、難しい!解らない!なぜだろう?

彼女は、様々な阿修羅を探した。苦悩する阿修羅。何とも言いようのない顔の阿修羅。なぜ彼は、このような顔をしているのか!解からない!わからない!

彼女は、解らない阿修羅のイメージを捜し求めていたとき、「阿修羅のこころに触れる旅」という絵説きの冊子を手にいれた。

そこには、阿修羅は戦の神様であったこと。長い間の戦に心が疲れていたこと。そんなときに、ブッダに諭されて戦闘のむなしさを悟り、懺悔し、仏教の守護神となる物語が描かれていた。彼女は、その一つ一つのこころの動き、表情の変化を深く理解し、心の中に刻んでいった。

彼女は、理解した。
阿修羅の苦悩!
阿修羅の懺悔!

まだ童顔の阿修羅、
見えないものに対する洞察の目、
寄せられた眉間の訴え、
軽く噛まれた唇、
込められた「決心」!

彼女は、やっと描くことができた。
阿修羅の紅く張りつめた表情を。
3つの顔に込められた懺悔のこころの変化を!
タグ:仏像
posted by フェスタマン at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年05月24日

Jazz&こころの詩 チャリティライブ ニュース

20110522 大震災に寄せて 絆.JPG

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 5/22 元気を伝えよう!from Nara ┃
 ┃    Jazz & こころの詩 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

20110522 翼がほしい.jpg

チャリティライブへのご参加、ありがとうございました。
朝からの大雨にも関わらずご参加いただき、心よりお礼申し上げます。

当日は、皆様のお力で、満席となり、大盛況をおさめることができました。
また、バザ−へのご協力もいただき、重ねてお礼申し上げます。
 
皆様の “まごころ” は、義援金というかたちで、東日本の方々に届けたいと思います。
義援金  48000円 (収益から、必要最小限の経費のみ差し引かせていただきました)

私たち、一人ひとりの思いは、なかなか伝えにくいものですが、今回のように、その輪がふたり、
三人と集まれば、“ひとつのかたち”となり、それぞれの “まごころ“ を伝える機会になることを私も実感させていただきました。

さらに、この輪が広がることを、皆さんとともに願いたいと思います。

それには、まず、私たち一人ひとりが元気でいること、そして、その元気をともに発信できる
仲間がいること、その大切さも実感させていただきました。

皆さん、またともに、元気を発信しましょう!!!

Jazz&こころの詩 スタッフのみなさん.jpg
posted by フェスタマン at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2011年05月07日

5/22 Jazz&こころの詩 チャリティライブご紹介

3.11の東日本大震災が有り、この一カ月余り、
日本全体が被災者の気持ちを察しながら暮らして来ました。
その結果、日本全体が、全てに渡って自粛ムードになり気味です。

しかし、それでは、震災から経済復興をするための、
活力が生まれてきません。

そこで、周りの人の幸せを願い活動しているメンバーが集まり、
”関西の元気を復興につなげよう!”
という趣旨のチャリティイベントをすることにしました。

まず、自分たちが元気になること。
そして、自分たちで元気を作ること
その元気を、復興に繋げよう!

良い季節になってきました。
お誘い合わせて、是非ご参加ください。
お待ちしております。

なお、会場の都合で、お申込みは先着40名様限定となっております。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃ 5/22 元気を伝えよう!from Nara      ┃
 ┃  Jazz & こころの詩          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
T部 Jazz・元気  tomo♪(Vo)/ 古池 明(G)
U部 言葉・元気  路上詩人 yoshi
V部 懐かしの詩  tomo♪(Vo)/ 古池 明(G)


・2011年5月22日(日)
・開場13時  開演13時半〜16時
・会場:町屋ゲストハウスならまち なら座
・参加費: 当日券2000円/ 事前申込 1500円
 飲み物持込み可 たい焼き付き
・会場販売
 路上詩人yoshiさんのイラスト詩
 カナダの女性画家Arinaさんの奈良印象絵画
 井川健一農園の無農薬大和茶

***************************************************************

(★)人が好き、そして、周りの人の幸せを願い活動している
   元気なメンバーのプロフィール

・tomo♪
関西を中心に活躍するジャズシンガー
スタンダードジャズ, シャンソンをうたう
京都をガイドするジャズ歌手でTV出演2009年
http://blog.goo.ne.jp/tomo-jazz-0227/arcv

・古池 明
ギター歴30年 大阪出身ジャズギターリスト
歌心ある伝統的なジャズギターサウンドを追求し、
大阪・京都を中心に演奏活動中
http://www2s.biglobe.ne.jp/~furuike/

・路上詩人yoshi
自身が、言葉に励まされ、力を貰った経験から、
“言葉の力” に魅せられる。
そして、その“言葉の力”で、多くの人にも、元気や、人生のきっかけをつかんでもらいたいという思いで、
2007年から、路上に座り、墨と筆を使って、
今まで1万人以上の人に“言葉の力”を伝えてきた。
http://ameblo.jp/kotoba2008/

・安西俊樹
2009年より「町屋ゲストハウスならまち」を開館
世界50カ国以上からのお客様をお迎えし、
日本・奈良の文化を紹介



■■お申し込み先■■
  町屋ゲストハウスならまち
安西俊樹
〒630-8322 奈良市北京終町30番地
電話: 0742-87-0522 (8am〜10pm)
e-mail: info@nara-naramachi.com
url: http://nara-naramachi.com
posted by フェスタマン at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2011年04月30日

5/22 Jazz & こころの詩 チャリティライブ

0502yoshi.jpg0502tomo.jpg0502furuike.jpg


T部 Jazz・元気  tomo♪(Vo)/ 古池 明(G)
U部 言葉・元気  路上詩人 yoshi
V部 懐かしの詩  tomo♪(Vo)/ 古池 明(G)

2011年5月22日 (日)
開 場 : 13時 開演13時半〜16時
会 場 : 町屋ゲストハウスならまち なら座
参加費: 当日券2000円/ 事前申込 1500円


おやつに、 こたろうのたい焼き付
飲み物: 健ちゃんの有機栽培大和茶、
ビール (各200円)
(持ち込みも可)
*路上詩人yoshiさんのイラスト・詩、
カナダの新人画家の作品を、販売します
*収益は、東日本大震災復興義援金として
日本赤十字社に寄付します

◆予約のお申し込み先◆
 町屋ゲストハウスならまち(安西)
 0742-87-0522 もしくは以下までメールしてください
 info@nara-naramachi.com
・お名前
・連絡先
・人数

ポスター
Jazz&こころの詩 26.pdf
タグ:ライブ
posted by フェスタマン at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2011年04月18日

元気な春の集い 井川健一と私立應南学院高等部 

茶畑を語る健一君.JPG

”Spring Family Festival”元気に春を出発しよう!
というイベントが、4月16日に「町屋ゲストハウスならまち」にて開催されました。
主催:ジャックと豆の木

ゲストは、奈良大和高原で自然の山の循環を生かした大和茶の生産に取り組んでいる井川健一君。そして、アップテンポな音楽からバラード、子供むけの歌までこなし、活発なライブ活動を繰り広げている「男子高校生」ボーカルユニット:私立應南学院高等部。

井川健一君の語りは、やさしくコンサートの参加者を引き込んでゆく
 農業を始めると決心した15歳
 自然農法を学んだ18歳
 大和高原の荒れて放置されていた茶畑を借りてお茶栽培のスタートした年
 この頃に作った歌・・・・

大量生産ではなく、
自然に生えているお茶の木にできるだけ近付けて、茶葉を取り、
茶葉を生かした加工、
毎日の暮らしの中で使ってくれるようにと思って・・・

歌は、大和高原に広がる緑の茶畑に包まれて
いつの間にか、健一トークに引き寄せられてゆく・・・・

自然の営みと自分が一体になって、日本の本物の自然農業が続けられる。

その地域に最適な農業・暮らしが、一番気持ちの良い生き方。

そして、今が里山再生のラストチャンスであること

・・・・

飛び入りの子供と共に、ファミリーフェスティバルは続く

健一君飛入り子供と共演.JPG

健一君は、この10年間、彼の青春を掛けて大和茶栽培をした。

そして、その向かうところは”健康と持続可能性を重視する幸せなライフスタイル”(LOHAS)の追求。100年先を見越した日本の農業だ。

自然と一体となり、自立した本物の農業を追及する彼の行動は、大和高原から、日本全体に広がろうとする兆しが見えてきている。

「安全」、「安心」、「信頼のブランド日本」が、2011.3.11の津波と放射能汚染で揺らいでいる。

この時だからこそ、”自立した日本の農業”、”自然と調和した持続可能性のある農業”という健一君の言葉が、胸に響いてきた。


これからも、彼の農業活動の輪が、大きく成りますように!

・健一自然農園ホームページ
http://cyaen.fai-system.com/

・自然は恵みをくれ続けているから、それを素直にお客様に伝えるwww.maff.go.jp/kinki/pr/magazine/agreat24/.../vol24_10.pdf
posted by フェスタマン at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2011年03月23日

そして、ほっと一息


東日本大震災で被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

20110305 修二会松明.jpg

震災の3月11日は、東大寺二月堂お水取り行事の11日目でした。
お水取りでは、参拝者と共に、3つのお祈りをしました。

 被災され亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、

 今、困難な状況にいらっしゃる方々へ思いをはせ、共に苦しみを感じ、

 そして、社会復興の為に、皆様がそれぞれのお立場で、
 各々が持っておられる力を尽くして下さるように。

奈良には、1300年も前に建てられた世界最古の木造建築:法隆寺があります。
また、東大寺二月堂では、1260年間、毎年、世界の平和と、五穀豊穣などをお祈りし続けたお水取り行事があります。
多くの被災にもかかわらず、1300年守り続けてきた、平和な「日常」があります。

大震災で、多くの方がさぞかしお疲れの事と思います。

古いお寺や神社をめぐれば、体がほぐれます。
祈りを続けることで、こころがほぐれます。
家族や友達と言葉を交わして、「日常」を取り戻してください。

奈良には、銭湯がたくさん残っています。
疲れたこころと体が、温まります。
家族で、互いの背中を流し合うこともできます。

そして、
「日常」の有難さ、
「絆」の深さ、
「情」を想うことでしょう。

奈良で、癒されて、「ほっと一息」されている関東のご家族の方も、多数居られます。
奈良は、そのようにして、皆様のお役に立てると思います。

被災者の方々に、
まず、心に「日常」を取り戻し、
一日も早く、安心な生活が出来ますよう、
こころより、お祈り申し上げます。

0053 Shin-Hanazono Onsen.jpg

0051 Sentoh Map JP★.pdf

posted by フェスタマン at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Public Bath 近くの銭湯

2011年02月26日

Deers in Nara Kasugayama Primeval Forest 春日山原始林を歩こう!

20101221 奥山の牡鹿2.jpg

I was looking forward to see wild deers they have good antlers.

But I couldn't find male deers with antlers in Nara Park near Todaiji Temple or Kasuga Grand Shrine.

Because those antlers are cut every autumn in Nara Park for customers safty.

So I went hiking to Nara Kasugayama Primeval Forest in the early morning.

Fortunately I saw two male deers. One was walking in a small river, and another was standing in a bush.

This winter, we had a poor crops of acorns. So deers can eat not many but a few acorns.

It's a chance to see wild deers around Nara Park!

Let's go to Nara Kasugayama Primeval Forest in the early morning!!


20101221 奈良奥山の牡鹿.jpg

20101221 奈良奥山牡鹿1.jpg

私と野生の鹿と目が合った!
その瞬間、牡鹿はパッと川辺を走り去った。



奈良公園では秋毎に鹿の角がカットされるため、立派な角を持った鹿は普段は見ることができない。


私は、どうしても牡鹿の象徴である2段又の角が見たくなって、早朝く奈良春日山原生林を歩いた。

幸いなことに二頭の雄鹿に遭遇。

一頭は、谷下の小川を歩いていた。別の一頭は、別の茂みの中で、静かに此方を見て立っていた。

今年の冬は、ドングリが不作なので、野生の鹿も食料を求めて里近くまで下りてきているようだ。

若草が一斉に萌えるまでのひと月が、奈良奥山原生林は野生鹿を見るチャンス!

早朝の奈良春日山原生林を、散策してみよう!
タグ: 鹿 奈良公園
posted by フェスタマン at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Deer 鹿