2011年02月21日

二月堂お水取り、竹送りの行事に参加

20110213 仁伸会 竹の奉納 .jpg

東大寺二月堂の「お水取り」は、3月1日から2週間行われます。

「お水取り」には、大松明が使われますが、それには巨大な根付きの竹が必要となります。

根付きの竹の大きさは、長さが8メートル余りで、重さは70kgもあります。


今年は、縁有って、毎年根付きの大竹を沢山二月堂に奉納している「仁伸会」の皆さんのお手伝いをする機会に恵まれました。

大雪の翌日で、滑りやすく、時々雪の塊が落ちてくる竹藪から、根付きの大竹を掘り出す作業です。切り出すのではなく、掘り出すのですから、大変です。

掘ったときには、100kg以上は十分有るでしょう。4人がかりで数十分かけて一本ずつ掘り、運び出します。

そして、綺麗に拭き上げ、根っ子部分を50cm程度のボール状に仕上げます。
沢山の石を噛みこんでいる竹の根は容易には形が作れません。

私たちは慣れないボランティアのメンバーでしたが、少しはお手伝いができたと思います。

2日をかけた作業の結果、「仁伸会」グループに同行して20本の大竹を奉納することができました。

毎年、極寒の時期に行われるお水取り。今年で1260回目となる行事について、概要をお話しして、日本はもちろん、スイスや台湾からのお客様にも参加を呼び掛け、重い竹を担いで頂きました。

竹の奉納 by Michel.jpg

「仁伸会」による根付き大竹の奉納は、竹を仕事にしていた何代も前の祖先から受け継いで続けているとのこと。


今年のお水取りは、私達の奉納してきた大松明も使われます。

沢山のお客様に、見て欲しいですね。

当日の「竹送りの行事」は、毎日新聞にも掲載されました。

20110216 毎日新聞.pdf
タグ:3月 伝統行事
posted by フェスタマン at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年02月04日

がごぜ 元興神

元興寺で節分会、護摩供養があった。

お昼過ぎの元興寺の境内では、柴燈大護摩供(さいとうおおごまく)が始まっていた。

山伏が祈祷をして四方に弓矢を放って、境内の邪気を払う。

20110203 弓矢で境内清浄.jpg


お堂に鳴り響く大きな声で念仏が唱えられ、松明で火が放たれると、
大きな煙と炎の柱が立つ。

この火煙の中に、不動明王が出現して多くの願いが叶えられるという。

今年は、旅人の安全と健康を祈って、火渡り修行をした。

20110203 元興寺火渡り.jpg


境内の片隅では元興寺の優しい顔をした5色の鬼たちが、見守ってくれていた。


がごぜ.jpg


この鬼の土鈴の説明書きには、元興寺の鬼=元興神=ガゴゼ

との意味が書かれている。

小さい頃に、ケンカに負けて悔しかった時

「アッカンベー」、「ベッカンコ」

と、赤眼を剥いて逃げたことが有る。

この「ベッカンコ」は、元興寺の鬼伝説が時代と共に

「ベッ・ガンゴゼ」 と訛ったものだという。

奈良元興寺は、日本中の鬼の話の元祖なんだと、感心してしまった。

http://www.gangoji.or.jp/tera/midokoro/midokoro1.htm#oni

タグ:元興寺
posted by フェスタマン at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2011年01月29日

Colombia Students in Nara 2

03 奈良・本物の力.jpg

Mainichi Newspaper 26th January 2011

Grass-roots Diplomacy

Recently, there are many Guesthouses (budget accommodation) sprouting up Nara City.


“ Guesthouse Naramachi “In Kita-Kyobate Cho is one of them.

This house was built in Taisho period( 1912-1926 ) as a merchant house.
It was renovated as a guesthouse in the classic Taisho period style.

There is a little Japanese style garden and Kura(traditional storage building), which is popular among foreign travelers.

Lobby at the entrance has become a meeting place for travelers and locals.

The owner Shunju Anzai is a retired engineer from "SHARP" corporation.

Spending retirement money, he opened it in the end of the year 2009.

Since then, guests from fifty countries around the world have visited!

Four students and their teacher from Japanese language school in Colombia in South America came to stay the other day.

They planned to travel through Japan for one and a half months staying at cheap hotels.

The teacher, whose name is Ninferr is a beautiful lady speaking fluent Japanese.

I happened to guide the group to the workshop of a lacquer master in Nara called Tarui.

In Nara, they revived lacquer techniques which were used for the imperial treasures of Shosoin(built in 8th century) in the Meiji period.

They make Raden, beautiful Japanese lacquer-ware with the same technique still.

The students were listening into the description by the master Tarui, even with the tears of joy at the end.

It made a big impact on their minds to feel the deep part of the old Japanese tradition.

After that we went to a bar nearby for a drink leaving the under-age students.

Blue-collar gentlemen who found it rare to meet them kept offering us drinks and food, and speaking to us.

The bar turned into a Latin atmosphere.

Until now, I never even cared where Colombia is, but suddenly it started seeming familiar.

Though the country has continuous civil war, I really wish peace for Colombia, and I would never want to have a war against them.

To commune by exchanging culture with other people.

That is the foundation of peace, grass-roots diplomacy.

Also, they would never forget Nara. It’s necessary to have a community place where tourists can commune with local people rather than sightseeing where you just walk through the sites.
May there be true prosperity for this “Machi”
At the end I was convinced that it’s not a "luxury hotel" which brings that.


ならまち暮らし 寮美千子110126.pdf
posted by フェスタマン at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2011年01月28日

コロンビア学生の奈良体験 1日目

数ヶ月前に、コロンビアで日本語を教えている日西学院から、「ゲストハウスならまち」に宿泊したいというメールが入った。彼らは日本が好きで、良く日本を修学旅行をしているようだ。約1か月前から日本に来て、札幌、東京、京都、奈良、広島、博多と旅を続けている。

先日、奈良に来られて最初にお聞きしたのは、「奈良では、普通の観光地を回るだけではなく、今の日本、本物の日本が感じられる体験をしてみたいので、よろしくお願いします」という校長先生の言葉だった。

そこで、毎日校長先生とお話ししながら、次のような体験をして頂いた。
1月16日午前:「西大寺の大茶盛り」
     午後:東大寺前の土産物屋さんで日本刀(高級玩具)を購入
彼らの日本旅行の最大の目的の一つ。
本物と同じ重さ日本刀を持ち、武士になってみたいと思ったようだ。

日本刀のお土産を買い込んだ学生は、ゲストハウスに帰ってきても満足感一杯で興奮している。
その気持ちを大切にして記念写真を撮ってあげようと思って、作務衣と浴衣の帯でにわか侍に着付をした。
二刀流が何かも判らないのだろう、刀持ち方が、どうも様にならない。
そこで、私の拙い知識なのだが、時代劇や剣道の時間を思い出しながら、上段の構え、正眼の構え、などの解説をした。
彼らは、見事に二刀流のポーズを決めることができた。


01 日本刀を買うために奈良に来た!!そして満足!!.jpg


posted by フェスタマン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2010年12月20日

百歳の窓

百歳の硝子2.jpg

硝子1.jpg

百歳の硝子3.jpg

ちょっと早めの大掃除
気になっていたガラスの曇りに
ハァッ、ハァッとやってみた

息を掛けると、えくぼが見える
ここを拭いてと、ゴミのアピール

そういえば・・・
捜してみたら、あるわ、有るわ、
泡の様な、流し眼の様な
硝子に出来た可愛い、えくぼ達

冬の朝、
土壁に、玄関格子のシルエットを映し出し
お客様を歓迎してくれた

生駒山に沈む夕日、
真っ赤な夕焼けを、見せてくれた

百年も
ゆらゆらと、
暖かい光を通してきたんだ!


ありがとうの気持ちを込めて
ハァッ、ハァッ!

今年も、お疲れ様!
posted by フェスタマン at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary 日記

2010年11月29日

「一泊一箱古本市」(第5回 大門玉手箱)

12月4日(土)「一泊一箱古本市」 (第5回 大門玉手箱)が「ゲストハウスならまち」で開催されます。

ゲストハウス右顔.jpg

A4.JPG

主催は、大門市場で一人一箱古本市を始めたぼちぼち堂さん。
もう5回目となります。
古本を、楽しんでみませんか?
主催者の思いを、ぼちぼち堂さんのブログよりご紹介します!

「大門玉手箱」…の箱

******************************************************

今回は、本邦初?となる「一泊一箱古本市」として開催いたします。
初の試みですので、至らぬ点が多々あると思います。
ご指摘、またご教示、いろいろとご意見を聞きながら、
楽しいイベントになるよう、スタッフ一同努力いたします。
では、イベントの概要をお伝えしていきます。
情況により、いろいろと変更点が出てくるかと思います。
ご参加の際は、最新情報をご確認くださいませ。

*** イベントの趣旨 ***
一つ、 普段の「一箱古本市」と同じく、「本が好き」を合言葉に多種多様な人達が交流できる空間にすること。
一つ、 大人も子供も、地元の人も、旅人も、ネコもしゃくしも・・・楽しめること。
一つ、 少し遅い時間にも、他のイベント見たあとでも、観光の後でも楽しめる、「夜まで古本市」。
一つ、 初めまして奈良の人、奈良が大好きなひと、奈良に住むひとが楽しめる空間にすること。
一つ、 「やっぱり本が好き」「本にちょっと興味がある」「これから読んでみたい」人達に!!
一つ、 「本の夜噺」で、本について楽しい話をみんなでしましょう・・・・ということ。
一つ、 泊まった人は、朝の奈良散歩、楽しんでくださいね。

*** タイムテーブル ***
ふるほん市: 2010年12月4日(土) 12:00 〜 19:00 くらい
夕食 18:30 〜 20:00 申し込んでいただいた方のみ。
夜噺 20:00 〜 話し疲れるまで(笑) 普通は2時間くらい?
お風呂は近所の銭湯へどうぞ 25:00 まで
朝食 7:00 〜   早起きは三文の徳。 お散歩へGO!
チェックアウト 10:00 ころまでに。

*** 会場 ***
「ゲストハウス ならまち」
*** 料金 ***
出店料: 一箱     ¥500
宿泊 (お一人様)   ¥2500
夕食           ¥1500
「本の夜噺」参加費
(お一人様・ワンドリンク)  ¥500
朝食            ¥500

宿泊は、ドミトリー料金です。
異なるタイプのお部屋希望のかたは、ご相談ください。
(ご希望にそえない場合があります。)

*** ちょっとしたルール ***
・ 1箱500円 常識の範囲内で、何箱でもOK。
・ 中身を入れて大人一人で持てる箱を一箱とカウント
・ セレクト古本は必須。
・ 古本一箱あれば、食品、衣類、雑貨、自著本など「手づくり品」も可。
・ 箱主さんは基本的に会場に来て管理をして下さる方。
・ 個人的に委託できる方は、OKです。(委託交渉成立後にお申し込みください。)
・ 出箱のみの参加も大歓迎です。
・ 遅出店、早仕舞い、ともにOK。
・ ショップカード、POP、イベントフライヤー、名刺などたくさんお持ちください。
・ 差し入れ大歓迎です。(飲食物持込可)
・ アルコール類は、各自ご持参ください。

参加にあたり、教えていただきたいこと:
箱名(あれば)/箱主名/箱特徴/予定箱数/
箱事前送付有無/本名と連絡先/
申し込み内容:夕食・イベント・宿泊・朝食の「要、不要」。

上記を11月15日PM9時までにいただければ、玉手箱チラシでの個別紹介をします。
(期日内参加表明でもチラシ掲載不要の場合はお申し出下さい)
お申込み・問い合わせは  daibutsu128302nara8114@gmail.com

http://tamatehako.exblog.jp/
タグ:古本市
posted by フェスタマン at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2010年10月24日

10月23日奈良 滝本晃司と知久寿焼ライブ

20101023 滝本晃司と知久寿暁奈良ライブ.jpg

20101023 コンサートのお客様.jpg

奈良でライブをして欲しいという強いファンの声があり、
滝本晃司さんと、知久寿焼さんのライブが、
奈良町の築100年の町屋:“囲炉裏ハウスなら座”で実現しました。

滝本さんのソフトで魅力的なソロ、
知久さんの天から聞こえてくるような個性的な声、
そして年一度のデュオ。
ゲストハウスでの宿泊は、ファンにとって、
たまらない秋の一日だったことでしょう。


Many fans want strongly to hold live concert in Nara,
"Koji Takimoto & Toshiaki Chiku live concert" was realized at
100 years of Guesthouse Naramachi.

Takimoto's soft and attractive voice and,
Chiku's unique voice hear from heaven,
And the chance of duo is once in a year.

Guest house accommodation, for the fans,
The concert at Guesthouse Naramachi would be special memory in thir heart forever.
posted by フェスタマン at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2010年10月08日

We Love Bicycle


20101007@o.jpg


20101007 Going My Way.jpg

Cheerful couples came from Bergy by bicycle.

Their total ages are 360 years old. " Wow! "

They came from Kyoto yesterday.

They want to go to Wakayama and Shikoku Island for go around 88 temples.

What are healthy ancles and aunts.

I like their dream "enjoy the life".

They will enjoy all over the world.

Have a good trip!!
posted by フェスタマン at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Bicycle 自転車

2010年10月03日

Exhibition of Pottery 鬼工房展

S_X.jpg

笑う鬼
おどける鬼
無邪気な鬼
すまし顔の鬼

pottery 21.jpg

いろいろな鬼さんが
ゲストハウスのイベントスペース、
「なら座」にやってきました

朝夕が冷や冷やしてくる頃
土鍋が笑って
飯時を告げる!

それだけで、
時間がスローになってゆく
見つけた私の LOHAS

posted by フェスタマン at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事

2010年09月05日

鬼工房展 -可愛いい陶器の展示会-

SH[WuOAbv^.jpg

日時:2010年10月1日〜 10月13日
   11時から19時(休み : なし)

展示 : 生駒山にある森の中の陶芸工房・鬼工房が、
ならまちの町屋造りの古民家を使った宿
”町屋ゲストハウスならまち”にて陶芸展をします。
土鍋・ティーカップ・お皿・お茶碗などの器類、土人形・
陶小物など新作多数ご用意してお待ちしております。
お気に入りの一品を見つけてくださいね。

会場 : 町屋ゲストハウスならまち
   〒630-8322 奈良市北京終町30番地
電話 : 0742-87-0522
問い合わせ先 安西
ホームページ : http://www.oni-koubou.com/

交通 : 奈良市内循環 北京終バス停下車 徒歩1分
   近鉄奈良駅より南へ徒歩15分 

posted by フェスタマン at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Event in Naraza 「なら座」の行事